新着情報News

  • イベント
  • 講演会

講演会

朔太郎、龍之介、ときどきマジック?

  • 画像"
  • 画像
概要

今秋、詩人・萩原朔太郎の没後80年を記念して、全国の50館を超える文学館や美術館等が「萩原朔太郎大全2022」と称した展覧会やイベントを開催しています。実行委員として参加している田端文士村記念館では、企画展「朔太郎・犀星・龍之介の友情と詩的精神~タバタニサクタロウキタリ~」と関連講演会を開催します。

講演会の講師は、朔太郎研究を数多く発表する一方で、朔太郎作品の朗読劇の劇作家として、さらにはマジシャンとしての顔も持つ変幻自在の研究者・栗原飛宇馬氏。本講演では詩人としての朔太郎はもとより、田端時代に「飽満した」という芥川龍之介、室生犀星との関係性、さらには朔太郎の意外な趣味・マジックについて実演を交えて紹介します。

朔太郎とマジックについて栗原氏は「生涯の親友であった室生犀星は、この詩人を追悼した小説『我友』の中で、手品に神秘や象徴とつながりを見出し、詩との結びつきを主張する茅原(=朔太郎)の姿を描いている。この見方に従えば、朔太郎の手品趣味は、もう一つの趣味であった立体写真同様、この世のどこにもないものへの〈郷愁〉に連なるものであり、詩を〈現在(ザイン)しないものへの憧憬〉と規定する『詩の原理』に通じるものである。」と述べ、詩作との通底を説いています。
田端から発信する(田端文士の)萩原朔太郎の魅力を、没後80年の記念イヤーにご堪能ください。

期間 2022年12月11日(日)14:00開演(13:30開場)
入場料 無料
定員 50名(抽選・全席自由)
参加費・入場料 無料
申込方法 往復はがき、もしくは、下部の◆申込フォーム◆リンクからご応募ください。
締切 11/21(月)必着
はがき記入事項 往信用裏面…①催事名②開催日③住所④氏名(2名の場合は全員分)⑤電話番号⑥年齢 返信用表面…応募者の住所・氏名 ※1通につき1名(同居家族に限り2名まで可)。