文士芸術家詳細The artist details

©室生犀星記念館

詩人・小説家

室生 犀星むろう さいせい

明治22年(1889)~昭和37年(1962) 

石川県・金沢市出身。生後まもなく養子に出され不遇の少年期を過ごす。高等小学校を3年で中退、金沢地方裁判所に給仕として勤務。その頃から文学に目覚め、明治43年に上京し、下宿を転々とし貧困と放浪の作家生活に入る。大正2年に発表した詩「小景異情」に感動した萩原朔太郎との交流関係は生涯続いた。同5年、田端163番地に転入(以後、田端内を5回転居)。詩壇での地位を築いた一方、小説家としても開眼し、堀辰雄や中野重治らの若手育成にも力を注いだ。芥川龍之介とともに田端文士村の中心人物。俳号魚眠洞(ぎょみんどう)。