文士芸術家詳細The artist details

評論家

小林 秀雄こばやし ひでお

明治35年(1902)〜昭和58年(1983)

東京・神田出身。昭和4年、田端155番地(田河水泡宅)に転入。同地で書き上げた「様々なる意匠」が文壇に注目される。自我の解析を軸とした批評を展開し、独自の近代文学批評を確立した。同42年、文化勲章受章。実妹・高見沢潤子は漫画家・田河水泡夫人。