文士芸術家詳細The artist details

小説家

堀 辰雄ほり たつお

明治37年(1904)~昭和28年(1953)

東京・麹町出身。東京府立第三中学校の恩師・広瀬雄の引き合わせで室生犀星を、犀星の紹介で芥川龍之介を知り、生涯の師とする。大正14年頃、田端142番地「大盛館」、38番地「紅葉館」に転入。同15年、窪川鶴次郎、中野重治らと同人詩『驢馬(ろば)』を創刊。同5年、龍之介と自身をモデルにした「聖家族」が文壇で注目され、地位を確立した。