文士芸術家詳細The artist details

小説家・翻訳家

二葉亭 四迷ふたばてい しめい

元治元年(1864)~明治42年(1909)

東京・市ヶ谷出身。坪内逍遥に師事し、明治19年に「小説総論」、翌年に言文一致体の「浮雲」を発表。東京外国語学校(現・東京外国語大学)教授等を経て、大阪朝日新聞社に入社。同37年9月、田端475番地に転入、約半年間居住した。同39年、新聞小説「其面影」執筆。翻訳にツルゲーネフ原作の「あひゞき」「めぐりあひ」がある。