What’s cocokita?
ココキタについて

ココキタとは「文化の創造と人々の交流を育むまち」というコンセプトのもと、 旧豊島北中学校校舎を改修して誕生した、区民の皆さんの文化芸術活動を 応援する施設です。
館内には音楽やダンス、演劇の練習や、絵画や彫刻など様々な創作活動が行えるよう、 スタジオやアトリエ、多目的室、作品を展示できるオープンギャラリーなどをご用意しています。
また、若手アーティストの活動拠点となるレジデンススペース、軽食を楽しめるカフェ『ぱれっと』を ご用意し、北区の文化芸術活動の発信・交流の拠点を目指します!

ココキタココキタ

ニックネーム( 愛称)

この施設区民の皆様に親しんでご利用いただけるようニックネーム(愛称)投票を行い、1907票もの投票をいただきました。その結果、 もっとも投票の多かった『ココキタ』に決定しました!

ココキタの意味

Cooperration【協力・協同】+Communication【伝える】+北区Cooperration【協力・協同】+Communication【伝える】+北区

「協力」「協同」を意味するCooperrationと「伝える」という意味のCommunicationと北区、北区のアーティストの交流の場となりように。

ロゴマーク

日本の伝統文化を大事にするというコンセプトのもと、日本の伝統色を使い、全体として「花」にも見えるように配色しています。

ロゴマークについて

螺旋は抽象的なイメージであり、単純な円の広がりではなく、さまざまな分野の文化芸術がグルグルと混ざり合い、キューブの外へと無限に広がっていくイメージを表現しています。螺旋を形成する12個の円は12ヶ月(1年)絶え間なく活動を推進していく意味も込められています。

ロゴマークについて

”Cooperation(協力・共同)”と”Communication(伝えること)”を意味する2つの「コ」がおりなすキューブ、「コ」の形状はギャラリー空間の代名詞とされる「ホワイトキューブ」の表現に通じます。

躑躅色(つつじいろ)

赤い躑躅の花のような紫みのある鮮やかな赤色です。北区シンボル「躑躅」の色に広がるエネルギーや情熱を込めます。

萌木色(もえぎいろ)

春先に新緑が萌え出るような冴えた黄緑色です。新緑は若さや芽生えを示します。

縹色(はなだいろ)

古くから知られた藍染めの色名で、藍色よりも薄く浅葱色よりも濃い色です。荒川の青を象徴しています。

Cafe Parett
カフェパレット

カフェパレット

ココキタ入口正面に、カフェスペースがあります。ここは、北区民による健康づくり栄養グループ食彩が運営する「カフェぱれっと」。素朴ながら工夫を凝らした日替わりランチと、美味しいコーヒーが楽しめます。壁一面の黒板の素敵なアートもお楽しみください。食事や団らん・団体間交流に、ぜひご利用ください。

営業時間 午前11時~午後6時
定休日 月曜・祝日・年末年始休業(他、臨時休業日あり)
お問合せ TEL&FAX 03-6314-0801