~ハープ弾き歌いとフルートによる~星降る夜のお伽噺

北とぴあ国際音楽祭2019参加公演

出 演

速海ちひろ(グランドハープ・ソプラノ)、森本英希(フルート)

内 容

日本と世界の星と月にちなんだ美しい曲で紡ぐ音楽絵巻

【予定曲】
・「迦具夜」(委嘱初演作品)平野一郎 作曲
・「荒城の月」(寺嶋陸也 編曲)滝廉太郎 作曲
・星めぐりのうた(宮沢賢治「双子の星」より)林 光 作曲
・きらきら星変奏曲 モーツァルト作曲  ほか

速海ちひろフェイスブックより
 
平野一郎さんと森本さんとの初リハーサル。一人でやっていた時には見えなかったことがやっと見えて来ました。一人二役の私は曲の準備に何倍も時間がかかります。30分近い大曲が来た時にはどうしようと思いましたが、やってみると、私の個性を十二分に生かして下さっていて、とても楽しく、いつの間にかその世界にハマって行きます。平野さんの音楽は民族的なところと深く繋がっていて、邦楽的な香り強く、私には自然に馴染むようです。平野さんによれば、「竹取物語」はずっと書きたかった重要なテーマだったそうで、しかもハープでやりたいと思っていたそうで、私からの依頼は何かの不思議なご縁だったのでしょうか。じつは今回、森本さんも、4種類のフルート持ち替えにとどまらず、歌ったり語ったりその他色んなことをして下さいます。これがまた、最高によろしくて、彼の個性にピッタリ。皆様、是非、聴きにいらして頂けましたら嬉しいです!

平野一郎フェイスブックより
 
ほんじつ七月晦日、
委嘱最新作「迦具夜(カグヤ)」浄書完了!
歌うハーピスト・速海ちひろさんと、
笛仙人・森本英希さんのデュオの為の、
フルートと声を伴うハープに依る歌物語。
テキストは竹取物語・原文。
溢れる言葉を響きの雲に隠しながら、
〽︎いまは昔…と衒いなく始まる物語を、
音楽があれよあれよと追い越して行きます。
丹後風土記の眞名井の天女、
垂仁帝記の実在の迦具夜比賣、
アメノワカヒコやアメノサグメ、
それに故郷の今は亡き竹取翁達の、
無数の青い面影が背後にちらちら揺らめいて…
単なる御伽噺と呼ぶにはあまりにも勿体ない、
鋭い美意識と強かな批評精神が光る竹取物語。
その言霊・音霊の奥の奥へと旅する十五段が、
雨後の竹の子のようにぐんぐんと伸びました。

公演日/開催日・会場・料金

公演日
2019年 11月22日(金)19:00開演(18:30開場)
会 場
北とぴあ つつじホール
東京都北区王子1丁目11−1
Google map
全席指定/自由

全席自由

料 金

【一般】3,000円

【メンバーズ割引】2,700円

【北区民割引】2,700円

U-25(25歳以下限定) 2,000円 
※入場時に年齢が確認できるもの(免許証、学生証など)を要提示
ペア券 2枚で5,500円

公演情報補足

※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケット発売日・その他情報

チケット
発売日

一般発売日 2019年 7月15日(月)

チケット
取扱い

□北とぴあチケットオンライン「ほくチケ」はこちら
ほくとぴあオンラインチケット

□北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ/10:00~20:00)
※臨時休館日は10:00~18:00、全館休館日は休業


□オフィスサワイ
 TEL・FAX 03‐5944‐5157 
 メール info@officesawai.com

□東京古典楽器センター 
 03‐3952‐5515

車椅子

車いす席をご希望の方は、発売日以降に北区文化振興財団(03‐5390‐1221、平日9:00~17:00)までご予約ください。数に限りがございます。

問い合わせ

オフィスサワイ 03-5944-5157

主 催

オフィスサワイ

共 催

公益財団法人 北区文化振興財団、東京都北区

ダウンロードデータ
公演チラシデータ

各アイコンの
ご説明

  • メンバーズ割引あり

  • 北区民割引あり

  • 託児所あり

  • 車椅子席の設定あり

  • 年齢制限あり